当社独自のスパイク方式は板紙から段ボールまで幅広いシートに対応します。
前当におけるシートの到達に余裕があるため給紙操作が楽になる。
カールしたシートでも確実にスパイクする。
シートの種類、厚さに関係なくスパイクする。
ミスシートは前当部で残り、機械を停止させることなく容易に除去できる。(トップフィーダー)
一度スパイクすれば落ちたり、ずれたりしない。




薄紙、板紙専用機には新開発のグリップ方式を採用しています。 フィーダーを初めとした機械本体には薄紙・板紙に対応したさまざまな工夫が取り入れられ安定した高速運転を可能にしています。


カートンマスターシリーズには多様化するお客様のニーズにお応えするために豊富な機種バリエーションを展開するとともにより効率的に生産できる周辺付属装置を用意しています。
フィーダーはシート種類によりトップフィーダーまたはボトムフィーダーを用意しています。
薄紙・板紙専用、一般汎用、段ボール専用等用途に合わせて爪タイプ・スパイクタイプの機械を用意しています。
一部機種には、スペース効率を高める2種類のラインレイアウト(L・Rタイプ)を用意。 向かい合わせに機械を設置し、作業ステージを共有することにより、少ない人員でも 容易に生産性の向上を図ることが可能です。

>>製品ラインナップ
AP-1020-TN,TS
AP-1060 IMPULSE
AP-1060-TS,TSB
AP-1150-TS,TSB,TSG
AP-1300-TSG
AP-1600-MU-BSG,TSG
AP-1600-MV-BSG,TSG
AP-1600 SP8,SP10
AP-2000-L,R
AP-2100,1700
Lap Feeder
AP-1060-HP,AP-1150-HP


年々、高度な技術・開発力をお客様に要求される中、旭マシナリーは営業・設計・製造・アフターサービス の全部門がお客様のご要望をバックアップ致します。 新台につきましては、弊社製品をご採用のお客様に満足していただくため、幅広いニーズと用途に合わせた製品構成を行っております。
また、中古機械(自社製品)におきましても自工場にて整備しております。在庫機種等のお問い合わせはお気軽にご相談下さい。
また、生産性、省力化を高める周辺付属機械も数多く扱っておりますので何なりとご相談下さい。