プッシュ式シンクロカッター

紙パルプ技術協会 平成7年度佐々木賞受賞。
刃物交換時間の短縮(20秒以内)及び、シート切断面の美観が特長。
サーボモーターによってコントロールされる刃物ローターに複数の刃物がセットでき、
短尺切断が低動力で可能。
刃物は使い捨て品のため従来のカッターに比べはるかに低ランニングコスト。
日・米・EU・中・韓で特許取得。その他申請中。
既設カッターに切断部のみの搭載(改造)も可。納入台数110台。
最大速度 300m/min、カッターヘッド単体最大3000mm、切断坪量 10〜2000g/u、切断精度±0.1〜0.3mm

主な断裁実績シート

紙系:上質紙、コート紙、板紙、貼合紙、タック紙など
フィルム系:偏光板、EVAシート、封止材など
その他:発泡ポリエチレン、プラスチックシートなど

ASM-1400
鋭利なナイフによる断裁のため切断面が美しく、紙粉、ブロッキング、ピックの問題が解消
熟練者不要の高性能カッター
作業性を考慮し、シートパスラインを1mにしたステップ不要の軽作業タイプ
 
基本仕様
最高速度 190m/min
断裁坪量 230〜1200g/u
最大シート幅 1300mm
最少シート幅 500mm
切断長 450〜1300mm
切断精度 〜±0.2mm
 
オプション
アンリール装置、自動張力制御装置、EPC装置、デカール装置、スプライス検出・ラベル検出装置、欠陥紙検出装置、スリッター装置、耳紙風送装置、自動排紙装置、タイミングサクション装置、紙粉除去装置、静電除去装置、マーキング装置、パレット供給装置、レーボーイ連続運転装置